高血圧改善は食事から

Image Replacement

高血圧に適した食事療法って?

高血圧と診断されて、まず最初に言われることが食事の改善です。

高血圧の人は、太っている人が多くいるのでダイエットを進められこれ以上太らないようにとカロリー控えめの食事に切り替えバランスの良い食事を進められます。

高血圧の人には塩分が大敵です。そのため外食やコンビニ弁当なども控えなければなりません。

高血圧も生活習慣病ですから日頃の生活習慣の改善に努めなければなりません。

高血圧の食事療法は、ご存知のように塩分の摂取量を控えることが一番大切なことで、塩分やカロリーが高めのメニューが多い外食やコンビニ弁当を控えることが第一なのです。

高血圧の治療や予防の為の食事療法は、基本的に塩分を控えた食事・栄養バランスのよい食事・食べ過ぎやカロリーの高い食事を控えるの3点です。

どうしても外食を断れない場合は、カロリー控えめの和定食を選び、塩分の多い漬物や味噌汁などは半分にしましょう。

また、野菜サラダなどを多めに取りビタミンやミネラルの摂取を助けと良いでしょう。

家での食事も、醤油などを極力控えたレシピを考え、塩分の多い味噌汁などは通常の半分に控えましょう。

食事療法や運動はなかなか続けづらいものです。

そのような方は、一度こちらを参考にしてみてください。